牧小ニュースNo.28

|

☆群読

DSCF0147.jpg DSCF0151.jpg

 

14日(月)朝会の後、2年生と4年生の群読発表がありました。

まずは2年生。

畑中圭一さんの「さかなやのおっちゃん」と、工藤直子さんの「おがわのマーチ」。

大阪弁でユーモアたっぷりの魚屋のおっちゃんと、お客さんのリズミカルで楽しい掛け合い。

そして、小川の中を楽しそうに泳ぐめだかの「小川の探検隊」。

そんな2つの詩を、元気いっぱい楽しそうに発表してくれました。

 

次は4年生で、大木実さんの『町の子』。

両親が働いていて、兄弟がいない。

だから、「ぼく」は、ひとりです。

けれど、学校には大勢の友達がいます!!

だから、「ぼく」はひとりではないのです!!

心に響く詩を、力強く発表してくれました。

 

☆えがお橋のそうじ

P1010610.jpg DSCF0155.jpg

 

14日(月)3年生が、えがお橋や学校周辺の掃除をしました。

クリーンデーの翌日ということもあり、以前に掃除をした時よりもゴミが減っていたように感じました。

けれど、植木のかげや溝など、目につきにくい所にはゴミが。。。

1人1人の心がけできれいな町にしたいです。

 

☆6年生参観授業

18日(金)には、6年生の参観がありました。

小学校生活最後の参観では、いつもお世話になっているお家の人へ感謝の手紙を読みました。

普段、心の中では思っていても、なかなか声に出せない感謝の気持ち。

そんな気持ちを、みんなの前で発表してくれました。

 

19日(土)には、五條市の善行表彰があります。

牧野小学校からも2人の子どもたちが表彰を受けます。

よい行いが、どんどんと広がっていってほしいです。

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、牧野小学校が2011年2月17日 13:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「牧小ニュース No.27」です。

次のブログ記事は「牧小ニュースNo.29」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。