北宇智小学校のグラウンド周辺には、日本ではあまり見ることのできない木が何本も青々と茂っています。その木の名前は「楊樹(ようじゅ)」といい中国原産の樹木です。この木はヤナギの一種ですが、私たちの知っているヤナギとは姿形が違います。それではなぜその楊樹が北宇智小学校にあるのでしょうか。その歴史は30年ほど前にさかのぼります。

 読者の皆さんは、北宇智小学校が中国の開封市の曹門大街小学校と交流をしていた歴史があることをご存じでしょうか。北宇智小学校出身の方なら記憶があるかもしれませんね。31年前の1986年に、北宇智小学校は中国の小学校との間に姉妹校の縁組をしました。それがきっかけになり、楊樹が北宇智小学校に送られてきたのです。それから30年もの間、楊樹は子どもたちの育ちを見守ってきました。

 それでは、なぜ中国の学校と交流することになったのでしょう。そのお話は、これから少しずつしていくことにしましょう。

ようじゅ

 北宇智小学校の学校図書館「ブック・カフェ・キッタ」が、ようやくオープンしました。

 子どもたちに本をたくさん読んでもらいたいと、ちょっぴりリニューアルしてのオープンです。どこが新しくなったのかというと、本の並べ方です。子どもたちが、本を見つけやすいように、本を整理してタブ(表示)をつけました。このような仕事は、今年から学校図書館のお世話をしてくれる図書館司書さんによるものです。

 教室や家庭での学習と学校図書館をうまく連携させながら、子どもたちの豊かな学びを育んでいきたいと考えています。

 どうでしょうか。授業参観のときにでも「ブック・カフェ・キッタ」に来てみませんか。残念ながらお茶とケーキはメニューにはありませんが。

 

kitta.jpg

hikinoyama.jpg 

 新しい1年が始まりました。11日には入学式は21名の元気な1年生が、北宇智小学校のなかまになりました。

 そして、子どもたちが毎日通ってくるなかよし道に、また賑やかな声が響くようになりました。みんなで130名の声です。笑い声だけでなく、ときには怒る声や泣く声も聞こえることもあります。子どもたちの声は、鳥や虫の声、風や雨の音に溶け込みながら、北宇智の風景のひとつになっていきます。

警察署へ社会見学に行ってきました!

手錠や警棒など、警察官の持ち物を間近で見せてもらって、たくさんメモを取りながら、真剣に話を聞いてきました。

そして最後には、パトカーの中を側までよって見せてもらいました。実はサイレンの音量はボタンで調節することができるそうです!!

IMG_0034.jpg   IMG_0052.jpg

命の授業

|

6月24日に1・2年生で命の授業がありました。

『宇陀アニマルパーク』から先生に来てもらい

「動物と人間はつながっている」という大切なことを教えてもらいました。

子どもたちが活動しながら学べる参加型の授業だったので、とても楽しく学べたようです。

20160624inoti0001.jpg 20160624inoti0002.jpg

心を育てる授業としてとても有意義なものになったのではないかと思います。

ご協力いただきました宇陀アニマルパークの先生ありがとうございました!

6月9日(木)

交通安全教室が行われました。

1・2年生の子どもたちは、おまわりさんのお話をしっかりと聞くことができました。

DSC02391.jpg

「止まれ」の看板の大きさにびっくり!

普段よく通っている道路にあるのは、真ん中の「止まれ」だそうです。

近くで見ると、こんなにも大きいのですね。

DSC02397.jpg

道路を歩く練習をしました。

交差点や建物で見えにくいところなどでは、危なくないか、周りをしっかりと確認します。

「右見て、左見て、右見て・・・」

DSC02399.jpg

「後ろも見て!」

安全を確認できたらわたりましょう。

登下校や遊びに行くときは、練習したことを思い出して、安全に歩行・横断してほしいです。

 「理科室より出火しました」というアナウンスとともに、激しく鳴り響く警報サイレンの音。

 もちろん本当の火事ではなく、学期に一回の避難訓練の始まりです。子どもたちは、ハンカチで鼻と口を押さえながら、きちんと列を作って足早に運動場へ避難していきました。

 今日は、消防署の方も数名来てくれていました。制服を着た消防署員から聞くお話には、やっぱり本物の力があります。どの子もきちんと話を聞きながら、頷いていました。

 その後は多目的ホールで「煙」体験をしました。煙の特性と逃れ方を体験的に学習しようとするものです。周囲がよく見えない恐怖を、子どもたちは身をもって体験しました。

 訓練は、やっているのとやっていないのとでは大きく違います。火災のみならず、今後起こると言われている大地震への備えなど、2学期、3学期の避難訓練で計画していきたいと考えています。

 

DSCN1661.jpg

新学年が始まって1ヶ月がたち・・・

5月に入って1年生もそろそろ小学校生活に慣れてきた頃

1年生を迎える会がありました。

6年生におんぶをしてもらって入場してきた1年生は

これからどんな楽しいことが起こるのかドキドキわくわくした表情!

201605001.jpg 201605002.jpg

まずは1年生の自己紹介から、大きな声で自己紹介上手にできました。

その後はハッピーグループに分かれて

絵本の読み聞かせやハッピーチェーン(人間知恵の輪)、かもつ列車をしました。

ハッピーチェーンほどけないよぉ・・・ここをくぐればいいのかな?

かもつ列車だっ!しゅっしゅっしゅっ!

201605003.jpg 201605005.jpg

楽しい時間を過ごすことができました。

北宇智小学校へようこそ!1年生の皆さん。

これから一緒に楽しい学校生活を送りましょうね!

 

 

 

 家庭訪問は、私(岸本)にとってはとても楽しいものなのです。初任のころ、バイクで学校を飛び出して、山のあちこちに点在する子どもたちの家を訪問したものです。良い天気の日に、ウグイスやヒバリが鳴き草花が咲き乱れる中で、子どもが手を振りながら私を待ってくれていたのを思い出します。

 きっと、今も昔とはなんら変わらないのではないでしょうか。子どもは、先生が家に来てくれるのを、きっと楽しみに待っていてくれたことでしょう。

 家庭訪問をすることで、学校では見ることができない子どもの一面を見ることができます。子どもを理解するとともに、そして子どもが育つご家庭や地域の理解の助けになります。家庭訪問を終えた担任たちは、「よし、これからがんばろう。」と思いを新たに、来週を迎えることと思います。

 家庭訪問のためにお時間を割いていただき、本当にありがとうございました。

matui.jpg

 

4月6日、名残惜しい別れがあり、また新しい出会いがありました。

4人の教職員の先生の新しい風を取り入れ、今年度のスタートです!!

 

 

IMG_0001.JPG

 

IMG_0003.JPG

アーカイブ