5年 校外学習

|

12月12日(水)に5年生は、田原本町にある「県営福祉パーク」に

校外学習に行きました。

オリエンテーションの後、改善住宅や自助具の見学をしました。

高齢者や体の不自由な方が生き生きと便利に暮らせるような工夫が

たくさんありました。

IMG_0672.JPG

IMG_0688.JPG

IMG_0765.JPG

 

そして、アイマスク体験や車いす体験をさせていただきました。

IMG_0750.JPG

IMG_0743.JPG

IMG_0845.JPG

IMG_0818.JPG

介助する側と介助される側の両方の立場を体験し、どんなことが大切かを

考えることができました。

貴重な体験をさせていただいて学習したことを今後の生活の中で生かして

いけるといいですね。

 

12月10日(月)、五條東中学校で、ふるさと学習合同学習会が行われました。

阿太小、北宇智小、宇智小、そして五條東中の校区の4校で交流を深めることと、

来年度、東中新入生となる6年生を対象とし、新しい環境を見学し見通しをもたせることを目的としています。

toutyuu3.jpg

一気に人数が増えるという感覚を子どもたちは味わえたと思います。

その中でも、阿太小の6年生は、堂々と発表していました。

toutyuu1.jpg

もちろん、他の学校もすばらしい発表で、来年度から共に過ごすであろう仲間たちと

交流を深めていました。

toutyuu2.jpg

中学校の授業も見学させていただき、教科担任制であることや

中学校の授業の雰囲気を味わうことができる良い体験になりました。

 

卒業を控える6年生ですが、

「小学校生活の終わり」と「その先の見通し」がイメージできる時間になったようです。

平成30年度の阿太小学校だより「あだっこ」第6号です。下記リンク先をクリックしてご一読ください。

H30 adakko6.pdf

柿狩り

|

12月7日(金)全校児童で恒例の柿狩りを楽しみました。

近所の方のご厚意で、毎年柿狩りをさせていただき、大変

有り難く思っています。

あいにくの曇りがちの天気でしたが、児童たちは、元気よく

みんなで協力し合いながら、たくさんの柿をとり大喜びでした。

DSCF4387.JPG

DSCF4410.JPG

12月1日(土)校内マラソン大会が行われました。

天候にも恵まれ、子どもたちは準備体操をしたあと

アップをして、元気にスタートしました。

marathon1.JPG

marathon2.JPG

marathon3.JPG

 

がんばれ、がんばれ!

たくさんの声援を背に、子どもたちは

一生懸命走りました。

marathon4.JPG

 

ゴールまであと少しです!!

marathon6.JPG

 

ゴールです!!!

最後の最後まで一生懸命走りきりました。

marathon7.JPG

 

低・中・高学年(男女別)でそれぞれ上位3名を先生から

紹介してもらいました。

 

みんなが自分自身との闘いに打ち勝ち、

一回り大きく成長できたと思います。

1月には高学年の人はジュニア駅伝があります。

次は駅伝に向けてがんばりましょう!

 

ミルク教室

|

11月29日(木)の5,6時間目に4~6年生対象のミルク教室を行いました。

日本乳業協会から講師の先生をお招きし、

まず初めに「牛乳のおはなし」の講話を聞きました。

牛や牛乳について、クイズを解きながら楽しく学ぶことができました。

牛乳には、私たちの成長や健康に必要な栄養がたくさん含まれており、

1日3回(品)牛乳・ヨーグルト・チーズを食べるとよいことを教えていただきました。

milk1.JPG

milk2.JPG

そして、いよいよお楽しみの調理実習です。

みんなで協力しながらフルーツミルク白玉とオレンジヨーグルトドリンクを作りました。

milk3.JPG

milk4.JPG

milk5.JPG

おいしそうなデザートができあがり、みんなでおいしくいただきました。

DSCN7600.JPG

元気な強い体を作るために、これからも乳製品を食べましょう!

 

 

平成30年度の阿太小学校だより「あだっこ」第5号です。下記リンク先をクリックしてご一読ください。

H30 adakko5.pdf

伝統工芸体験

|

11月26日(月)に伝統工芸体験として「紙すき体験」をしました。

 

福西和紙本舗の方に来ていただき、紙すきを体験させていただきました。

 

DSCN9025.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冷たい液の中に手をいれて作業をしましたが、

「こんな冷たい中で作業している職人さんはすごい」と

子ども達は感じていました。

IMG_0579.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楮とのりを混ぜた液を、枠とすだれをつかってすくい漉きます。


液をすくいあげ、平らにすることで、

分厚さにムラのない紙を作っていきます。

液をすくったあとは、自分で好きな模様をつけていきます。

草木染で染めた原料で、模様をつけ、オリジナル和紙を

仕上げていきます。

 

DSCN9039.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紅葉をいれ、上からまた液をかぶせました。

 

1週間程度乾燥させて完成です。

 

子どもたちは、どんな仕上がりになるのか、すごく

楽しみにしているようでした。

 

日本の伝統工芸に触れる機会は、なかなかないので、

実際に職人さんに教えていただくことで、

伝統工芸のすばらしさ、作業の大変さなど

様々に感じたことでしょう。

 

日本に古くから伝わる工芸を大切に想う心を
もっていってほしいと思います。

3・4年生が合同で行っている図工の授業を紹介します。

ペットボトルなどの空き容器と紙粘土を使って、ペン立てを作りました。

子どもたちは、前の時間に作った設計図を見ながら、熱心に粘土をこね、

最後には思い思いの作品ができました。

完成した作品はしばらく展示したいと思います。

zukou1.JPG

zukou2.JPG

zukou3.JPG

zukou4.JPG

zukou5.JPG

zukou6.JPG

人権講演会

|

 11月20日(火)に、人権講演会を開催しました。講師には、腹話術師の川松智子先生をお招きし、「一人一人がかけがえのない存在~ドンちゃんと一緒に考えよう~」と題してご講演いただきました。

 子どもたちも、初めて見る腹話術に興味津々な様子で、川松先生が手作りされた人形と先生との会話のやりとりに釘付けになっていました。お人形のドンちゃんをはじめ、さまざまな動物たちの悩みを通して、周りと違うところだけを見るのではなく、どんな人にも素晴らしい一面があり、人と違った面もまた素晴らしいところであるということや、自分に自信を持つことの大切さを教えていただきました。また、川松先生ご自身が、腹話術によって自分の思いを表現できるようになったことなどもお話しいただきました。

 講演の中で腹話術の方法を少し教えて下さり、腹話術を披露してくれた児童のクオリティの高さに川松先生も驚き、会場も笑顔に包まれました。

jinnkenn1.jpg

jinnkenn2.jpg

アーカイブ