令和3年6月18日(金)、2年生は吉野川にラフティングに行って参りました。

天気が心配されましたが、無事持ちこたえ、寒くもなく、暑くもない、ちょうど良い季候で臨むことができました。

クラスごとに数人ずつグループに分かれ、それぞれの船に一人のインストラクターの方がついて、1時間弱の船旅に出発です。

みんな、インストラクターの方の話をよく聞いていました。

P1050984.JPG

最初は流れが緩やかなところを、みんなでオールを使って漕いでいきます。

IMG_5520.JPG

途中の入り江では、水を掛け合ったり、川に入って浮かんだり泳いだりしました。

DSC_0957.JPG

後半は、流れが少し急なところを行きます。

急流滑りのようで、みんな楽しそうでした。

DSC_0979.JPG

終わってからも「まだ帰りたくない!」「明日も吉野川来たい!」という声がたくさん聞こえてきました。

日常生活では見られない意外な一面が多く見られた一日でした。

 校外学習(ラフティング体験)の事前学習として、ふるさと(五條・吉野川)について調べ学習を行いました。五條市立図書館の図書館司書さんにもご指導いただき、調べ学習を進めました。6月17日には各クラスで発表会を行いました。

調べ学習のようす

P1070285.JPG

P1070292.JPG

発表会

P1230925.JPG

P1230870.JPG

 調べ学習を通して、ふるさと五條の歴史の深さ、吉野川の恵まれた自然環境について実感できたのではないでしょうか。五條に関わってきた人たちの思いに触れ、さらに、次代の担い手となっていくことを期待します。

ラフティング体験

 6月18日(金)の午後、1年生がラフティングを体験しました。

 事前学習として、生徒たちは「五條」に関して詳しく調べる「ふるさと学習」を進めてきていました。この日は、「吉野川」の自然を自分の五感で体験する日です。当日は、天候が心配でしたが、うまく大降りを避けた形になりました。スタートは、大淀町の「ココロ奈良ベース」です。 開講式、着替え、安全装具等の説明後に、いよいよゴムボートに乗り込みました。途中、浅い淀みで水遊びをしたり、力を合わせて川を下っていったりしながら、ゴール地点まで地元の川を満喫しました。

P1070344.JPG

IMG_0073.JPG

IMG_0092.JPG

第24回卒業証書授与式が、令和3年3月16日(火)午前9時より本校体育館にて挙行されました。
男子33名、女子32名の計65名が巣立っていきました。
今年度は、コロナ禍のため、様々な学校行事が制約を受けた年でした。
そんな中でも、体育大会や生徒会活動では、例年以上に盛り上げてくれた3年生で、大変誇らしく思います。
それぞれの進路に向けての新たなスタートを、教職員一同応援しています。

IMG_2440.JPG

IMG_2443.JPG

「シトラスリボンプロジェクト」とは、コロナ禍で生まれた差別、偏見を耳にした愛媛県の有志がつくったプロジェクトで、愛媛特産の柑橘にちなみシトラス色のリボンや専用ロゴを身につけて、「ただいま」「おかえり」の気持ちを表す活動です。
五條市もシトラスリボンプロジェクトに賛同しており、五條市オリジナルカラーのリボン(五條リボン)があります。

この度、五條市すこやか市民部人権施策課の方にお越しいただき、1年生を対象に、「シトラスリボンプロジェクト」の一員となるための講座とリボン作成をご指導いただきました。
シトラスリボンのシトラスは、愛媛県の柑橘の色であることから、五條市では、「青黄緑」の3色の水引で作成したリボンを推奨しています。
青色:吉野川の清流 / 医療従事者への敬意と感謝
黄色:西吉野町に自生する花、福寿草(花言葉は幸福を招く)
緑色:大塔町の山々の自然

生徒一人ににつき2本のリボンを製作、そのうち1つを家族へのプレゼントとして持ち帰りました。
「シトラスリボンプロジェクト」の意義も、家族にうまく伝えられたでしょうか。

IMG_2415.JPG

IMG_242333.jpg

IMG_2431.JPG

3月5日(金)、子どもサポートセンターにおいて、令和2年度五條市善行表彰式があり、本校からは、令和2年度生徒会役員3名が表彰を受けました。
本中学校区は、小中で共に「奈良県一あいさつの飛び交う学園」をめざしてきました。
「おはよう」と「さようなら」の1日2回の挨拶だけでなく、校舎内でも、また一日に何回出会っても、出会うたびに「こんにちは」という大きな声を掛け合おうというものです。
毎月1日何回あいさつをしたかアンケートをとっていますが、3月現在、一人1日平均12回のあいさつで、奈良県一はまだまだです。
しかし、生徒会役員の3名は、毎週3回の校門立哨に加え、毎月1回、牧小に出向いて児童と共にあいさつ運動を行ってきました。
現在は、新生徒会役員に引き継がれていますが、来年度は、さらにあいさつのこだまする学園を期待しています。

IMG_23266.JPG

2月16日(火)奈良県社会福祉協議会から2名、社会福祉法人正和会から4名の方に来ていただき、「福祉のお仕事 魅力発見セミナー」を開催しました。
はじめに、福祉の意味、福祉をお仕事について説明していただき、その後、「アイマスク体験」「高齢者擬似体験」を行いました。
体験を行うことで、目の不自由な方や高齢者の日常生活での大変さ、不安な気持ちを実感していました。また、介助の人は、相手の立場にたち、優しく介助することも意識していました。

IMG_1662.JPG

IMG_1666.JPG

IMG_1711.JPG

IMG_1716.JPG

奈良県社会福祉協議会のみなさま、正和会のみなさま、ありがとうございました。

2020年度奈良県中学校バレーボール男女選手権大会が、2月11・13・14日に県内各中学校とジェイテクトアリーナ奈良で行われ、新人大会の雪辱を見事に果たし、新庄・五條西合同チームが優勝しました!おめでとうございます!

【1回戦】新庄・五條西2ー0五條東

【2回戦】新庄・五條西2ー0都祁

【3回戦】新庄・五條西2ー0畝傍

【4回戦】新庄・五條西2ー0白鳳

【準決勝】新庄・五條西2ー1大成

【決 勝】新庄・五條西2ー0香芝西

R2バレー部(選手権大会①).jpeg

(決勝試合風景)

R2バレー部(選手権大会②).jpeg

(優勝表彰式)

文科省の肝いりでスタートした「GIGAスクール構想」ですが、五條市内小中学校でもようやく環境が整いました。
この事業の目的ですが、「生徒全員に一人一台のタブレットを提供し、学校でも家庭でも、教科を問わず学習教材として積極的にICTを活用して下さい。それによって、教科の学びが深まり、これまで以上に個々の能力が引き出せるはずです。」と要約してみました。
本校では、まず、生徒にログインの仕方を指導し終え、近日中に、一度持ち帰り、各家庭でもwifiを通じて学校とつながるかどうかを試行します。

一方、今年度は、英語教育充実のため、Online Speakig Trainingを導入しており、早速、1人1台のタブレットを使ってレッスンに参加しました。
Online Speakig Trainingとは、授業で学んだ語彙・表現を使って、生徒一人ひとりが外国にいる講師と会話をするツールで、うまく話せない生徒に対しても、講師がジェスチャーやイラストカードを使いながらフォローしてくれます。
昨年度まで、牧小で実施していたもので、ここでも小中一貫教育の継続性を重視し、英語力の充実に取り組んでいます。 http://www.benesse-ost.com/

IMG_1925.jpg

IMG_1927.jpg

体験入学 2.3~5.

2月3日より、牧小6年生の体験入学が始まりました。
今年度は、新型コロナウィルス感染症拡大予防のため、期間を3日間に短縮し、部活動体験は見学のみとしました。
しかし、中学校の先生の授業は盛りだくさんに組まれており、教科担任制で、教科ごとに変わる先生方に興味津々です。
2日目の朝は、校門での挨拶運動にも参加、にぎやかな声が響いていました。

IMG_1902.jpg
今年は徒歩やコミュニティ・バスでの登校

IMG_1884.jpg
社会の授業

IMG_1893.jpg
吹奏楽部による歓迎演奏会

IMG_1899.jpg
部活動見学

IMG_1907.jpg
合同あさいつ運動

アーカイブ