7月26日、西吉野小学校と合同研修会を実施しました。

奈良県教育委員会事務局より指導主事に来ていただいて、

特別支援教育についての研修を行いました。

tokusi.jpg

共生社会の形成に向けたインクルーシブ教育システム構築のための

特別支援教育の推進(報告)には

『・それぞれの子どもが、授業内容が分かり

・学習活動に参加している実感・達成感を持ちながら、

・充実した時間を過ごしつつ、

・生きる力を身に付けていけるかどうか、

これが最も本質的な視点であり、そのための環境整備が必要である。』と

あります。

特別支援研修.png

今回の研修を今後の取り組みへとつないでいきます。

 

 

 

 

 

1学期の終業式の前日には・・・・・

分団会や大掃除を行いました。

分団会では、各分団ごとに1学期の振り返りや夏休みの目標などを

話し合いました。

1.jpg 

2.png

また、大掃除では「いつも掃除以上にピカピカに」という思いが

あちこちで見られました。

DSCF9769.JPG

3.png DSCF9767.JPG

後片付けもバッチリと決めて、終業式を迎えられます。

 

 

15日、生徒会の企画、運営で球技大会が開催されました。

全校を2つのチームに男女別学年混合で競技しました。

男子はバスケットボール、女子はバドミントンを行いました。

DSCF9658.JPG

  開会式です。このあと、準備体操をして、いよいよ競技がはじまります。

DSCF9674.JPG DSCF9680.JPG 

 バドミントン、ペアで声をかけあって気合い充分!! 応援の声も迫力満点(^_^)

DSCF9680.JPG DSCF9734.JPGのサムネイル画像

   バスケット、スピーディーな動きで気迫が体育館中に!!

DSCF9759.JPG 

閉会式です。表彰式が行われて、一人一人が頑張ったことを

互いに感じた球技大会でした。

そして、大いに盛り上がった球技大会でした(^_^)v

13日、五條警察署のかたに来ていただいて非行防止教室を実施しました。

DSCF1655.JPG

DSCF1658.JPG

非行の特徴や刑法犯の種類、刑罰、初発型非行、深夜徘徊の危険性などについて

お話をしていただきましたが、特に大事なことは一人一人の気持ちの持ち方と行動です。

『断る勇気と善悪を見極める判断力』を自分自身の中で確固として持ち、

行動できる実践力が大切だということをお話していただきました。

夏休みを控えているこの時期、今日の非行防止教室で学んで感じたことを

常に心に留めておきたいです。

DSCF1646.JPG

7月12日、第2回目の柿の観察が行われました。

1ヶ月前の6月8日には、大きさは2cmもありませんでしたが、

今回測った柿の多くは4cm以上ありました。

DSCF1647.JPG

観察木のすぐ近くの柿の木には、「イノシシ」が現れて柿の木が倒されたり

倒そうとした跡や柿の実が食べられた跡が・・・・・・

DSCF1650.JPG

柿の実の色は今は黄緑ですが、観察を続けるごとに柿の実も大きくなり

色も「柿色」になっていきます。柿色まであとどれくらいかな(^^)

 

 

 

7月12日、講師のかたに来ていただいてスマホ出前講座を実施しました。

DSCF1631.JPG

スマホの活用について、便利な活用方法なども教えていただきました。

お話の中で、便利なものですが、活用方法を間違うと人の心を傷つけたり、人権を侵害したり

犯罪に結びついたりして取り返しのつかないことがあります。

また、1度発信されるとその内容は消すことができないということも具体的に

話していただきました。

DSCF1636.JPG

(スマホの使いすぎによる「肩こり解消」に向けての体操です。)

そして、SNSについて、「横断歩道を渡るとき、一旦止まって左右を見て、

安全かどうかを判断して渡る」ことに例えて、わかりやすく話していただきました。

今日の講座の内容をしっかりと実践につなげていきたいです。

 

 

 

なんと!!

学校の柿の観察木の近くにある柿の木が・・・・・

DSCF1627.JPG

DSCF1626.JPG

写真の2本の柿の木の下の方の枝や葉っぱがなくなっていました。

そして2本の柿の木の間にあった柿の木が倒されていました。

DSCF1620.JPG

        (倒された柿の木です)

そして、倒された柿の木のいくつも柿の実がこのように・・・・・

DSCF1629.JPG

そろそろ、「イノシシ」が登場してきているようです。

イノシシの突進するパワーとジャンプ力はすごいものです。

 

 

8日の金曜日に五條消防署のかたに来ていただいて

西吉野中・シェイクアウトを実施しました。

シェイクアウトとは、1分間の安全確保行動のことです。

ひとつしかない「いのち」を守り、生きぬくための行動訓練です

地震がおこった場合に、

①DROP・・・・・まずひくく

②COVER・・・・・あたまをまもり

③HOLD ON・・・・・うごかない

などの安全確保行動を行って、揺れが収まるまで待つことが大切です。

シェイクアウト実施後には、水消火器をつかって、消火体験をさせていただきました。

DSCF6278.JPG

 DSCF6292.JPG

 DSCF6286.JPG

万が一の場合、今回のシェイクアウトや消火器体験のことを思い出し、

命を守る行動に結びつけていきたいものです。

各学期に1度、地域の方に来ていただいてお話会を開催しています。

いつもの教室とはひと味違う雰囲気を作っていただいて、

学年ごとにお話を聴かせていただいています。

ず.png 2.JPG 

        31.jpg

 

お話が終わる頃には姿勢が前に傾く位に聴き入っていました。

2学期も楽しみにしています。

期末テストが終わった6日、七夕を控えて願いを短冊に書きました。

生徒会が中心となって、竹に短冊や飾りを付けました。

tanabata.jpg

玄関に飾られた竹には、あったか~い思いがこもっています。

 

アーカイブ