あと1ヶ月で卒業となった6年生に、この日、読み聞かせの会よりお茶がふるまわれました。
毛氈を敷き、軸をかけ、生け花も添えられた多目的ホールは、雰囲気が一変しました。
児童たちも、慣れない作法に緊張しながら、一人一人抹茶をいただきました。
初めて体験する児童もいたようで、思い出に残ったことでしょう。
多くの外国の方が興味をもち、すばらしいと感じる日本の文化について、
その一端を知ることができました。

日頃は、絵本を紹介して下さる地域のみなさんですが、この日の着物姿もなかなか素敵でした。

CIMG3469.JPG

CIMG3482.JPG

CIMG3510.JPG

3,4年生は、黒駒の山本豆腐店のご夫婦から豆腐作りを教わりました。
現在のご主人で四代目だそうで、本校では隔年で実施しています。
この豆腐作りですが、実は4月に大豆の種を植えるところから始まっています。
植物を育て観察を続けながら、豆腐にまで加工する取組は、まさに「総合的な学習の時間(いきいきタイム)」の真骨頂です。
豆乳作り、にがりを入れて固めていく作業に2時間かかりましたが、試食は翌日となりました。
想像するだけでも美味しそうです。
3年生は、この後、ナカコ醤油さんに醤油づくりの授業をしていただく予定です。

DSCF6977.JPG

DSCF6981.JPG

DSCF6991.JPG

毎週水曜日、各学年でスピーチタイムを実施していますが、3学期には全校児童が一同に集まっての「全校スピーチタイム」が行われます。
各学年ごとに1名選ばれた児童が、以下の内容で熱弁をふるってくれました。
学年が上がるにつれて資料やパネルなどの準備も工夫をこらしていました。

【1年】おかあちゃん
【2年】奈良公園に行ったこと
【3年】ぼくのすきな食べもの
【4年】手相について
【5年】世界の音楽
【6年】6年間の思い出 ~やってみて~

P2150962.JPG

DSCF6930.JPG

DSCF6932.JPG

DSCF6934.JPG

DSCF6937.JPG

DSCF6940.JPG

友だち(スネ夫)にサッカーをしようと誘われました。
でも、「ぼく」はけん玉をしようと思っていて、今はサッカーをしたくありません。
なかば強引なサッカーの誘いに、どんなふうに言葉を返せばお互いいやな思いをせずにすむでしょうか。

以下、ある月曜の朝礼の一コマです。
まず、児童たちにそれぞれのアイデアをノートに記入してもらいました。
そのあと、先生方によって、この「ぼく」を、のび太・ジャイアン・しずかちゃんにそれぞれ扮し、3タイプのバージョンで演じてもらいました。
先生の熱演に子どもたちの目は釘付けですが、はたしてどんな話し方のヒントを受け取ったでしょうか。
ご家庭でも話し合ってみて下さい。

DSCF6956.jpg

DSCF6965.jpg

 

1月28日、吉野川ジュニア駅伝大会が、青空の下上野公園にて開催されました。
今年度から男女それぞれ4名ずつの計8名で1チームとなり、阪合部体協からはA・Bの2チームが出場しました。
1週間前の上野公園での試走は、大雪のため予定を大幅に変更せざるをえなくなり、多少の不安もあったのですが、なんとAチームは第3位となりました。
メンバーの快走はもとより、阪合部小学校のたくさんの児童が練習に参加し、駅伝メンバーに選ばれるかどうかにかかわらず、みんなでこの大会に向けて盛り上がっていけたことが入賞の要因だと思います。
第3位のメダルも誇らしげに、メンバーの胸に輝いていました。

RIMG2411.JPG

RIMG2437.JPG

今年度、五條市教育委員会より「創意工夫を生かした特色ある学校づくり」の指定を受け、学校敷地下に眠る中遺跡や万葉の里真土の教材化をめざしたふるさと学習に取り組んできました。
なかでも、竪穴住居の復元には相谷いきいきクラブの皆様をはじめ地域の方にも多大なご協力をいただき、この度完成に至りました。
そこで、相谷いきいきクラブや学校運営協議会のみなさんをお招きして、祝賀会を行いました。

6年児童代表のあいさつに続いて、相谷いきいきクラブへの感謝状贈呈、その後は古代食の体験会です。
まず、赤米と玄米で6年生の作ったおにぎりを全校児童にもふるまいました。
つづいて、ご来校のみなさんには、アラカシとマテバシイで作ったどんぐりクッキーを試食していただきました。
さらに、完成した竪穴住居の中で火をおこし、石を熱して焼き肉にもチャレンジしました。
校区内にジビエール五條というジビエの食肉工場が昨年完成しましたが、そこで加工されたイノシシ肉を塩焼きしました。

卒業まであと2ヶ月となりましたが、後輩たちに阪合部の歴史や文化を引き継ぐすばらしいモニュメントになりそうです。
この日は、奈良新聞、読売新聞、産経新聞、そして五條市広報の記者さんが取材をしてくれました。
後日の新聞記事も楽しみです。

RIMG2394.jpg

DSCF6887.jpg

RIMG2385.jpg

DSCF6867.jpg

20170127074313_001.jpg
平成29年1月27日奈良新聞より

各スポーツ界で活躍した選手を学校に派遣する日本サッカー協会主催の「夢先生」教室が、本校5年生を対象に行われました。
今回の夢先生は、バスケットボール女子元日本代表の岡里明美さんです。
最初に、体育館でバスケットボールなどの手ほどきを受けた後、教室で「勇気をもって夢にチャレンジすること」の大切さをお話しいただきました。
子どもたちにとって、夢をもつ第1歩になってくれればと思います。

IMG_0151.jpg

IMG_0173.jpg

20170127085035_001.jpg
平成29年1月26日付朝日新聞朝刊より

今回で531回目を数えます国指定重要無形民俗文化財「鬼はしり」が、1月14日念仏寺陀々堂で行われました。
その伝統ある「鬼はしり」の後継者育成と地域の伝統行事を知るということを目的に、念仏寺「鬼はしり」保存会では、10年前から「子ども鬼はしり」が行われています。
今年も3年生以上の男子12名が参加しました。
鬼役は中学生ですが、それ以外の役割を小学生も担います。
難しそうな法螺貝も、金管クラブの経験が生かされているのか上手に吹いてました。

DSC_6336.JPG

DSC_6342.JPG

DSCF6746.JPG

DSCF6748.JPG

今年度、1~3年生はうだ・アニマルパークが提供する「いのちの教育プログラム」を受講しています。
目的は以下の通りです。
○動物への思いやりを深め、「いのち」の大切さを実感させる。
○他者との思いやりを深め、情操を豊かにする。
○野生動物を含む自然環境の保護についての理解を深める。

1回目は、社会見学を利用してうだ・アニマルパークへ行き、動物とふれあいながら体験授業を受けました。
2回目は、12月21日、本校へうだ・アニマルパークの職員にお越しいただき、出前授業を受けました。
流暢な語り口でぐいぐいと子どもたちはひきつけられ、動物にも人間と同じ大切な命があることを学びました。
2、3年生は、自分の心臓の音を聞かせていただき、みんなそれぞれ生きている音を確かめ合って興奮していました。
3回目は最終回で、1月に再び本校で受講予定です。

DVC00009.jpg

DVC00018.jpg

DSCF6740.jpg

竪穴住居の完成も近づいてきましたが、ここにきて屋根材の「茅」が足りなくなってきました。
これまで寄贈していただいた茅もそうですが、この度も相谷いきいきクラブの皆さんが日曜を返上して、茅刈りに奉仕して下さいました。
そして、この日(12月19日)、高くなった屋根の茅葺きは子どもたちにとって危険なため、相谷いきいきクラブの皆さんが引き継いでくれました。
年内の完成を目指しています。

アーカイブ