奈良県産業振興総合センターの募集する伝統工芸製作体験に応募したところ、今年度、赤膚焼を体験する機会を得ました。
講師は赤膚焼窯元の小川二楽先生です。
赤膚焼といえば、「奈良絵」の絵付けでも有名ですが、この日は、土ねりから成形までを体験しました。
お椀やお皿、湯飲みなど、思い思いの器に形を整え、へらで表面に模様をつけました。
この後の乾燥や焼き入れは、小川さんにお任せすることになりました。
この日の製作も楽しかったようですが、後日の出来上がりはもっと楽しみですね。

DSCF6820.JPG

P1030207.JPG

P1030224.JPG

この度、古くなった一輪車24台を、1台を除きすべて新しいものに入れ替えました。
5年生児童にも組み立てを手伝ってもらい、児童昇降口横にお目見えです。
しばらく、一輪車からしばらく遠ざかっていた児童も、またこれからチャレンジしようとする低学年の児童たちも、次々お気に入りの一輪車を選んでグランドに飛び出していきます。
上級生から、乗り方を教わる低学年の姿もあちこちで見られます。

DSCF6818.jpg

DSCF6815.jpg

夏休み作品展開催中!
【期 間】 9月4日(月)~9日(金) 午後4時まで
【場 所】 阪合部小学校図工室
【その他】 〇職員玄関よりお入り下さい。
     〇ご来場の際は、その旨、事務室または職員室にお声をおかけ下さい。

DSCF6811.JPG

DSCF6812.JPG

夏休みに入って、金管クラブと水泳クラブの練習が続いています。
水泳クラブの児童たちは、8月3日の五條市水泳記録会を目標に、また、金管クラブも2学期の発表をめざしてがんばっています。
そんな児童たちに、この度、たのもしい指導者が現れ元気をいただきました。
いずれも五條高校の生徒たちで、吹奏楽部のみなさんは3日間にわたって、また、水泳部のみんさんも1日、本校の児童たちを指導してくれました。
本校の卒業生も含まれたお兄さんお姉さんたちに、子どもたちは大興奮、自分のがんばっている姿をアピールするかのようにいつも以上に熱が入っていたと思います。
五條高校のみなさん、ありがとうございました。

DSCF6730.JPG

DSCF6732.JPG

DSCF7925.JPG

DSCF7930.JPG

着衣水泳

|

1学期も残すところあと3日、この日、5,6年生を対象に着衣水泳を実施しました。
水着の上から服を着て靴を履き、まずプールの中を歩いてみました。
次に、思い思いの泳法で泳いだあと、先生から「ドル平」という泳法の指導を受けました。
足はドルフィンキック、手は平泳ぎに近い方法で、着衣時に向いているようです。
その後、大の字になって水に浮く練習やペットボトルを使って体を浮かせる練習にも取り組みました。
水の事故から自分の命を守る、まさに実践向きの授業でした。

DSCF6709.JPG

DSCF6712.JPG

毎年、5年生が卵から育てたヒメタイコウチを市内のビオトープで放虫する活動を続けています。
ところが、今年はことのほか産卵の数が少なく、うまく育てることができませんでした。
奈良県の「特定希少野生動物」に指定されている昆虫だけに、その生息環境の希少さと共に人工飼育の難しさも体感できたのではないでしょうか。

この日は、奈良県からの許可の下、ビオトープ内でヒメタイコウチを捕獲し観察しました。
このビオトープでは、多数の生息が確認でき、児童たちはヒメタイコウチが実際に生息する環境を知ることができました。
また、京都府立大の中尾先生からは、ヒメタイコウチが生息できる五條市の環境がかけがえのないものであることを教わりました。

DSCF5095.JPG

DSCF5108.JPG

DSCF5109.JPG

DSCF5121.JPG

阪合部地域の児童たちの安全・安心を守るための青少年健全育成推進員会総会が、7月1日、本校多目的ホールにて行われました。
阪合部地域や校区の自治会長さん17名をはじめ、関係団体の代表者の方にお集まりいただき、今年度の推進テーマは「みんなで育てようふるさとを愛する子どもたち」を採択しました。
交通安全の立哨活動や校区巡視、教育講演会の開催や読み聞かせの会活動、花いっぱい運動など、今年もどうぞよろしくお願いします。

阪合部小学校敷地内では、縄文~弥生時代にかけての人々の生活の跡中遺跡が確認されています。
縄文土器や弥生土器、縦穴住居跡、そして米作りの証である石包丁も多数見つかっています。
地域の人々からは、旧小学校の運動場で石器や土器の破片を見つけて遊んだという話もうかがい、新校舎建築時には当時の児童たちが発掘体験を行ったようです。
しかし、そうした痕跡はすべて地面の下に埋め戻され、現在は確認することができません。
今年度、ふるさと学習の一環として、6年生では中遺跡を教材化し、私たちの先人の生活を追体験してみたいと思っています。

【五條文化博物館で学芸員の方から阪合部の歴史を学びました】
DSCF5069.JPG

DSCF5086.JPG

【学芸員の方にご来校いただき中遺跡について出前授業をしていただきました】
DSCF5147.JPG

DSCF5152.JPG

DSCF5156.JPG

DSCF5048.JPG

6月24日、授業参観に先立ってPTA給食試食会が行われました。
この日のメニューは、「コッペパン・牛乳・鶏肉のから揚げ・春雨サラダ・中華スープ」でした。
試食の後、子どもたちの給食の様子を見学し、その後、給食センターの栄養士さんより五條市の給食についてご講義をいただきました。
帰宅後は、お子さんと給食の話にも花が咲いたことでしょう。

今年も、1・2年生がさつまいもの栽培、4年生は米作りを、それぞれ相谷いきいきクラブのお世話で体験させていただきました。
6月14日は、サツマイモの苗の植え付けと田植えを行いました。
4年生は、手で田植えを体験するわけですが、素足で水田に入ることに躊躇していたものの、いざ足をつっこむと「とても気持ちいい」となかなか出たがらない児童もいました。根気よく植え続ける姿に、「上手だな。」と声を掛けていただき、得意げでした。
また、この地域の農家で飼育されている大和肉鶏も見せていただきました。
かごに入った鶏を見たとたん、怖そうに友だちの後ろに回っていた子どもも、皆が「かわいいな。」と言うのを聞くと、いつの間にか前に来てにこにこと見ていました。
奈良産の地鶏で、とてもおいしいと人気だそうです。

DSCF4985.JPG

DSCF4996.JPG

DSCF5006.JPG

アーカイブ