2月10日(月)、市の指定研究発表を行いました。

〈研究主題〉
五條東中学校における縦横連携の構築に向けて 
~思いやりの心を持ったたくましい生徒の育成を目指した取組~

《学校長より》
200212005.jpg
 子どもたちの自尊感情の低下や、学校におけるいじめや不登校の生徒指導上の諸問題により、子ども同士の人間関係が希薄になり、結びつきがますます弱くなってきている現状があります。こうした現状の中で、子どもたちが仲間や大人と関わり合い自らの可能性を高めていくためには、学校において、子ども一人一人が教員や仲間と信頼関係を結びながら、「自分の大切さとともに他の人の大切さを認めること」ができ、安心して学び合い高め合うことのできる集団作りを行うことが必要だと考えます。
 「縦」「横」連携をキーワードとして、3小学校、学校と家庭・地域社会との連携の構築、そして人権教育を中心に研究をすすめてきました。全ての人に感謝申し上げます。

研究主任より発表。
200212006.jpg
1 研究主題の設定理由
2 研究計画及び方法
3 取組の実際
 ①一人一人が大切にされる「場」づくり
 ②教育の機会均等等の保障
 ③「人」について、「権利」についての学習
 ④様々な人権問題についての学習
 ⑤出会いから対話・交流、そして互いの理解へ
4 成果と課題
200212007.jpg 200212008.jpg
 多くの方にご参加頂き、ありがとうございました。

 2月5日(水)、1年生が色々な体験を通して、支えが人様な人の思いを感じるという時間を持ちました
《ねらい》
・道徳の「共生社会を担う一員として、障がいを持つ人々から学ぶ」のまとめとして、誰に対しても公平に接し、差別や偏見のない社会の実現に努める態度を、体験を通して養う。
・講師------奈良県福祉人材センター
     社会福祉法人泰久会 障害者福祉支援施設 仁優会

体験
〇自助具の体験 〇食事介助体験 〇服着脱体験
200212001.jpg 200212002.jpg
200212003.jpg 200212004.jpg
 ちょっとした段差や溝・・・と思いがちですが、車いすの人や、手足の不自由な方、目の見えない方にとっては、とても大変な思いをします。
 だから、そういうことに思いを寄せて、手助けをしたりすることが大切だと教えて下さいました。そして、実際に体験したことで、その気持ちがよりいっそう、よく感じられました。

 文部科学省では、毎年、1月24日から30日までの一週間を「全国学校給食週間」としています。五條市でも、給食週間中の献立に様々な取り組みを行っており、本校では、それを受けて、放送を行っています。詳しくは、学校HPに掲載していますので、ご覧下さい。

1/27テーマ:東京2020を応援しよう!    1/28テーマ:しっかり食べて筋肉にも、
                   頭にも、心にも栄養を!
200203023.jpg 200203024.jpg

1/29テーマ:               1/30テーマ: 食べてルネサンス
ぼーっと食べてんじゃないよ・・・
200203025.jpg 200203026.jpg

1/31テーマ: うどんでおもてなし、頑張れオリンピック2020!
200203027.jpg
 給食の放送も、板についてきました。
 放送が終わると、「良かったよ! 上手・・・」と先生方や友達が声をかけてくれます。
 楽しい会話で、食欲も増し、給食時間も益々楽しくなります。

 

参観日

|

 1月30日(木)、授業参観が行われました。本来なら、1、2年生で行う予定でしたが、1年B組がインフルエンザのために学級閉鎖となり、2年生のみの参観となりました。
 1年生の「私たちの生活による健康被害について」のPR動画製作発表会は、2月14日(金)の午後から行うこととなりました。7つのテーマで各クラス各班が真剣に取り組んでいますので、ぜひご覧いただければと思います。

〈2B:社会科〉
200203019.jpg 200203020.jpg
200203021.jpg

貿易ゲームとは、
 紙(資源)や道具(技術)を不平等に与えられた複数のグループ(国家)の間で、できるだけ多くの富を築くことを競う、貿易のシュミレーション・ゲームです。
 グローバル化が言われて久しい中、人・物・情報などが、国境を問わず移動し広がっています。日頃はそんなに意識していない私たちですが、中学生がそういった社会を生き抜くためには、言葉や文化はもちろん、経済についても深く考えることが大切だと感じました。生徒たちが、真剣に考えている姿に圧倒されました。

〈2A 国語科〉
 太宰治の作品の中でも有名な「走れメロス」。その作品の名場面、名言発表会を行っているところです。
 本を読む意味は、人それぞれだと思いますが、名作を読むことは、今を生きる私たちに、知恵と生きる力を与えてくれると感じます。
 さあ、どんな言葉に感動したのでしょうか。心静かに、発表を聞きましょう。

200203022.jpg

 1月22(水)から24日(金)、22ヶ所の職場にお世話になり、学習をさせていただきました。

〈ねらい〉
1 職場での体験を通して、働くことの意義や大切さを知る。
2 仕事の厳しさ、楽しさを体験する。
3 将来の職業選択に役立てる。

〈職場体験の様子〉
200203001.jpg 200203002.jpg
200203003.jpg 200203004.jpg
200203005.jpg 200203028.jpg
200203006.jpg200203007.jpg200203008.jpg

200203009.jpg 200203010.jpg
200203011.jpg 200203012.jpg
200203013.jpg 200203014.jpg
200203015.jpg 200203016.jpg
200203017.jpg 200203018.jpg
 お忙しい中、本校の生徒を温かくご指導いただきましたことに感謝しております。ありがとうございました。
 体験したことを振り返り、仕事内容、楽しかったことやうれしかったこと、苦労したことやしんどかったこと、大切だと思った事、見習いたいと感じたこと、発見したこと、力を出し切れなかったなぁと思うこと、後輩へのアドバイスなど、具体的にまとめていきます。
 将来への目標や生き方につなげていくのはもちろんですが、これからの学校生活や仲間づくりなどにも、学んだことを生かし、五條東中学校のリーダーとなる2年生へと成長していければと思っています。
 これからも、私たちの成長を見守ってください。本当にありがとうございました。

市内駅伝

|

 1月19日(日)、市内駅伝が行われ、本校から男女1チームが出場しました。
 本校の松本紗弥さんが、選手宣誓を元気よく行いました。
200127011.jpg

 野原中学校をスタート、ゴールとする6区間 21.0kmのコースです。
 1区3.9㌔ 野原中学校(スタート13:00)→2区 3.0㌔野原東住民センター前→3区 2.7㌔島野集会所前→4区 5.0㌔南阿太公民館前→5区 3.0㌔モンベル前→ 6区 3.4㌔池芝橋→野原中学校

さあ、スタート!
 元気よく飛び出しました。
200127012.jpg 200127013.jpg
          もうすぐ来るから、身体をほぐして・・・準備は万全だ!

200127014.jpg 200127015.jpg
200127016.jpg
 中学生では、女子1位、男子3位と、健闘してくれました。
 また、松本紗弥さんは、全国都道府県駅伝出場の疲れもみせず、4区を走り、17分39秒という記録で区間新をマークしました。平成24年の記録を7年ぶりで更新しました。





五條東中学校男女駅伝:ONE TEAN!
200127017.jpg

 1月17日(金)、午後から武道場にて、百人一首大会が行われました。
200127006.jpg 200127007.jpg

200127008.jpg 200127009.jpg
 百人一首を用いて行う競技かるたの世界を描いた漫画「ちはやふる」。そういった漫画の世界から「百人一首」に親しんだという生徒が多いのではないでしょうか。今年も、元気な声が、武道場から聞こえてきました。

 生徒たちにとって、人気の一首は何でしょうか?
「ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは」・・・・・
「花の色は移りにけりないたづらに わが身せにふるながめせしまに」・・・・・
200127010.jpg
 いずれにしても、和歌に親しむきっかけになったり、日本文化や伝統、古典に深く接する機会が多くなるのはうれしいものです。
 本校では、今年度、図書室経営や国語科教育の充実を図っています。和歌や俳句などを通して、心や自然を詠み、言葉に込められた思いや心情を知ることを深めてきました。
 これからも、そういった学習を通して、人間教育にもつなげていければと思っています。

 京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)をスタート・フィニッシュとする9区間42.195kmで行われた大会に、3区の中学生区間に本校陸上部の松本紗弥さんが出場しました。
200127001.jpg 200127002.jpg
 学校、学年、陸上部の応援を力に、素晴らしい走りを見せてくれました。
200127003.jpg

 初めての都大路。10分09秒の自己ベストの快走〈3㌔〉。
 レースについて、「大きな舞台に立てるのは名誉。自分に誇りが持てました。気持ちよく走れ、楽しかった。自己ベストが出たのはうれしいが、区間順位はまだまだ。来年こそリベンジしたい」と充実感と今後の意気込みを語っています。

200127004.jpg 200127005.jpg
 「タスキをつなぐ」それが駅伝の醍醐味です。各都道府県のタスキの中には、それぞれの地域の心や思いがつまっており、人と人とをつなぐタスキだという気持ちが伝わってきました。
 感動をありがとう!

学校長より
 2020年が始まりました。今年はオリンピックイヤーですね。アスリートの人たちは、新年にあたり、目標を決めたと言うことを聞きました。君たちも、自身の目標を決めたと思います。
 今日は7日、日本では七草粥を食べると言う習慣があります。「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」、正月の疲れが出はじめた胃腸の回復や整腸のために、七草をお粥にして食べる風習なのです。皆さんも、「目標を持ち、心・気持ちを整える」という事をしてほしいと思います。
 昨年は、柔道部が全国優勝をしてくれましたが、どの部も一生懸命頑張ってくれていますね。1月12日には「皇后盃 38回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会」が開催されます。県代表として、本校の松本紗弥さんが京都市内を走ることになっています。皆で応援したいと思います。
 今年も、元気で頑張りましょう。
200109020.jpg

生徒指導主事より
 3か月後、自分はどうなっていたいのか、3か月で何ができるのか、何をするのか。そういうことを考えて、4月に新しい目標に向かって出発できると思う。
 3年生は入試があるので、イメージしやすいと思うが、1、2年生もしっかり前を向いてゴールを設定してほしい。3か月で何をすべきか、何ができるのかということを決めてほしい。
 そして、新しい学年へつなげてほしいと思います。さあ、3学期は、新しい学年の準備をしっかりとやっていこう。
200109021.jpg

学校長より
 2学期は、たくさんの行事がありました。活躍をしてくれる姿を見て、君たちの頑張りをうれしく思いました。
 3年生は、進路に向けてこれからの日々を頑張ってくれることを願っています。
 「1年の計は元旦にあり」という言葉がありますが、「計」というのは、「計画」のこと。お正月の朝、1年の計画を立てよう、目標を決めて歩むと良いことがあります。そういう気持ちで冬休みを過ごしてほしいと思います。
200109008.jpg

生徒指導主事よ
 校長先生より、色んな面で頑張ってくれた2学期だったという話がありましたね。今後も、自分の力を伸ばしてほしいと思っています。

3つの大切な事・・・
1 自転車の保険が4月より義務化されます。知っておいてほしい。
2 安全に気をつけて、冬休みを過ごしてほしい。交通ルール、携帯、タバコなど、決められたことはきちんと守る生活をしてほしい。
3 計画をたてて生活する。

 自分は、この休みをどう過ごすのか、しっかりと考えてほしい。3学期、あるいは4月に向けて、次につながるような準備をする、そういう意味で計画を立てて過ごしてほしい。ただ単に頑張る、ではダメだ。ゴールを設定して計画的に行動することが大事なことです。
200109009.jpg

<表彰>
防火ポスター              少年の主張
200109010.jpg 200109011.jpg

統計グラフコンクール          俳句
200109012.jpg 200109013.jpg


書道                  水泳
200109014.jpg 200109015.jpg


バレー                 陸上
200109019.jpg 200109017.jpg

柔道                 卓球
200109016.jpg 200109018.jpg

 

アーカイブ

2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29