2年の最近のブログ記事

3月19日、学年集会で、この1年間の反省と来年度に向けての心構えを聞いた後、平和学習を行いました。

190320031.jpg

最高学年に向けて

「ベクトルを自分に向けよう」
 新しい学年になると、クラスも変わります。進路についても真剣に考えていかなくてはなりません。クラスが変わることについて、このままがいいやと思ったり、不安に思ったりするかもしれません。勉強も難しくなるかもしれません。また、進路は個人戦のように見えるかもしれないけれど、団体戦なのです。クラスが学年が同じ方向を向くことで、進路もクラスも前に進めるのだと考えてほしいです。離れるのがイヤとか、後ろ向きに考えるのではなく、新しい友人関係を築くんだと思うことで、新しい力やプラスの力が生まれるのです。勉強も同じ。わからないから逃げ出すのではなく、努力をしてほしい。誰かのせいにしたりするのは簡単。そうではなく、ベクトルを自分自身に向けてほしいのです。自分に向けて努力をすることで、自分もクラスも同じ方向を向けるのです。一人一人が、自分と向き合い、努力し、皆が同じ方向で進める最高学年にしてほしい。

≪さとうきび畑の唄≫視聴
190320032.jpg 190320033.jpg

 名曲「さとうきび畑」をモチーフにしたドラマをクラスに分かれて、視聴しました。
 3月23日は、沖縄戦の悲劇を歌った『さとうきび畑』の作詞・作曲をした寺島尚彦の忌日です。「さとうきび畑」の曲は、1964年6月、シャンソン歌手・石井好子さんの伴奏者として、まだ米国統治下にあった沖縄を初めて訪れた寺島さんが、公演の合い間に、摩文仁の丘」を訪ねた時、眼前に広がる緑に波打つさとうきび畑の下に、まだ多くの戦没者の遺体が埋まっているという現実を案内人から知らされ衝撃を受け、1967年に作られたものです。
 「ごうぜんと吹き抜ける風の音だけが耳を打ち、戦没者たちの怒号と嗚咽を確かに聞いた気がした」と述べています。
 修学旅行を通して、戦争や平和について考えてみたいと思います。その学びは、学校生活や仲間づくりにも活かしていけるような深いものとなるようにしたいと思います。



190320006.jpg

 
 職場体験を終えると、仕事について振り返り、学んだことを深めます。その中で、自分の考えをまとめたり、班の人たちの意見も聞きながら、これからの生活にどう生かしていくか、あるいは、自分の将来について見つめていきます。

 本年度は、職場ごとにまとめた報告書を作成しました。










≪報告書: 21の体験場所より≫
働くとは・・・?
190320007.jpg
〇働くとは「コミュニケーション」
〇働くとは「成長するきっかけ」
〇働くとは「協力」
〇働くとは「人を成長させるもの」
〇働くとは「人を笑顔にするもの」
〇働くとは「協力すること」
〇働くとは「協力すること」
〇働くとは「人とのコミュニケーション」
〇働くとは「やりがいのあるものである」
〇働くとは「人を成長させるもの」
〇働くとは「お金を稼ぐことだけじゃない。笑顔も収入の一つだ!」

〇働くとは「動きつつ、学ぶこと」
〇働くとは「人間関係を築く」
〇働くとは「お客さんとの出会い」
〇働くとは「自分に頼られること」
〇働くとは「結果が出るまで時間がかかる」
〇働くとは「社会に貢献すること」
〇働くとは「楽しむこと!!!」
〇働くとは「人の役にたつこと」
〇働くとは「社会への貢献」
〇働くとは「社会を動かす」

 他に、報告書では、楽しかったこと・苦労したこと・しんどかったこと・やりがいを感じた瞬間・体験して大切だなぁと感じたこと・後輩に伝えたいことについても書いています。
 後輩へのアドバイスとして、"自分から話題を作り、積極的に話しかけることで、色々な話もできるよ"とか、"お願いされたことなど、一度で理解してメリハリをつけて行動するように心がけて""自分から仕事をさがして""挨拶と笑顔が大事"など、大人が聞いてハッとさせられる内容です。これからの学校生活に生かしたり、将来の職場でも役立つであろう心構えを学ぶことができました。とてもいい体験をさせていただいたと思います。

 

 1月24日(木)、授業参観と学級・学年懇談会及び、臨時PTA総会が行われました。
 昨日の天候とは違い、寒気がいっそう厳しく感じられる日となりましたが、多くの方が来校して下さいました。授業に参加し、共に考え、共に聞いてくださっている様子を拝見し、保護者の方のそのような姿は、生徒たちの意欲や笑顔をより引き出す力になっていると感じました。ありがとうございました。

≪1年:理科・美術≫
190208026.jpg 190208027.jpg

≪2年:国語・音楽≫
190208028.jpg 190208029.jpg

≪社会科 冬休み課題レポート≫-------テーマ:ロシア
1902080300.jpg190208031.jpg 190208032.jpg

≪臨時PTA総会≫
190208033.jpg 190208034.jpg

 PTA規約改正について話し合いがもたれました。協力的な意見を出していただき、スムーズにすすめることができました。ありがとうございました。

議案:地域医院について
   本部役員及び各委員会について

1月16日(水)~18日(金)の3日間、2年生は職場体験学習を行いました。
【ねらい】
①体験を通して、働くことの意義や大切さを知る。
②仕事の厳しさ、楽しさなどを体験する。
③将来の職業選択に役立てる。
190208001.jpg 190208002.jpg
190208003.jpg 190208004.jpg
190208005.jpg 初日は、緊張した顔をしていましたが、徐々に仕事の内容も覚え、職場の雰囲気にも慣れ、笑顔が見られるようになりました。
 接客業では、「豆炭はありますか?」とか、年配のご婦人の方に「私に似合う洋服を見て下さい」などと聞かれたようです。商品が分からない場合や、返事に困った時は、職場の方に相談し、臨機応変に対応することができたようです。
 学校では、机の前での勉強が主ですが、社会に出て実際に仕事をしてみると、普段、先生や保護者に頼っていたことを、自分で考え、会話をして、解決しなければいけません。
 地域の人たちとのかかわりを通して学んだたことを、仕事という体験を通して学んだことを、これからの生活に生かしてほしいと思います。そして、将来の自分はどうあるべきかを見つめるきっかけになることを願っています。


190208006.jpg 190208007.jpg
190208008.jpg 190208009.jpg
190208010.jpg 190208011.jpg
190208012.jpg 190208013.jpg
190208014.jpg 190208015.jpg
190208016.jpg 190208017.jpg
190208018.jpg 190208019.jpg
190208020.jpg 
 社会には、様々な職業があります。体験させていただいた職種は、ほんの一握りですが、地域の方々の温かい心とご協力のお蔭で、貴重な体験となりました。ありがとうござました。
 自分の生き方や、働き方を考えていく上で、仕事の内容を知ることは大切なことですが、働いている「人を知る」という気持ちが大切なことではないでしょうか。
 五條東中学校2年生のために、ありがとうございました。これからも、学校生活を充実させていきますので、応援よろしくお願いします。

 1月9日(水)の学活では、各学年の目標に合わせて、学習をスタートさせました。
〇3年生:進路に向けて、面接や受験についてのビデオを見ました。
〇2年生:1月16日(水)~18日(金)に行う職場体験学習の打ち合わせに出かけました。
〇1年生:喫煙防止の取組で紙芝居を製作しています。

≪3年生≫
勉強は、毎日の生活の中で計画的にこなしていくことが大切
190110012.jpg 190110013.jpg

190110014.jpg真剣に聞いています。

真剣に見ています。





 

 



≪2年生≫
 武道場に集まり、校長先生や主任の先生から、心構えを聞いた後、各職場へ挨拶に出かけました。

190110015.jpg 担当の先生方から、注意事項の説明がありましたが、少し緊張した顔つきです。うまく、打ち合わせができるでしょうか。自転車、歩いて・・・それぞれ自分たちで責任を持って、気をつけていってらっしゃい!






190110016.jpg 190110017.jpg

≪1年生≫
 喫煙防止の紙芝居を作っています。もう、色塗りをしています・・・
190110018.jpg 190110019.jpg

190110020.jpg担任の先生のアドバイスももらって・・・




大作が出来そう・・・

楽しみに待っていて下さいね・・・

 本来9月に実施予定でしたが、台風の警報の為に延期になり、本日の講習となりました。毎年、本校では2年生が「救急救命講習」を行っています。消防署が隣ということもあり、この講習はもちろんのこと、色々なことでお世話になっています。とてもありがたいことです。

≪ねらい≫
〇心肺蘇生法を身につけることが、命をつなぐ大切なことであることを学ぶ。
〇心肺蘇生法やAEDの使用法について実習し、命の尊さを知る。
〇大切な人の命を救うため、正しい知識と技術を身につける。
181212019.jpg

181212020.jpg

181212021.jpg

181212022.jpg 181212023.jpg

181212024.jpg 181212025.jpg

 事故やケガなど、何も起こらないことが一番良いことなのですが、いざという時のために、学んでおくことが大切なことです。この講習で学んだことをしっかり身につけて、積極的に、応急処置や救命処置ができればと思います。
 地震や大雨などの自然災害もいつ起こるかわかりません。そんな緊急事態には、中学生の力も必要です。これからの町づくり、人づくりには、中学生のような若い力が大いに期待され、必要とされていると感じます。

 3年生は、1学期に行いましたが、1,2年生の公開授業を11月19日に行いました。
県教育委員会指導員及び市教育委員会指導主事の助言のもと、市内道徳研究会会員も参加し、共に研究協議を深めました。

≪1年生≫
〇主題:「温かい人間愛の精神と思いやりの心を」
〇本時のねらい
・いくつかの場面から、思いやりのある行動とは何かを考えさせる。
・相手の立場になり、自分自身の言動について考えさせる。
・思いやりの大切さを理解し、時と場に応じた言動をとろうとする態度を考えさせる。
181212012.jpg 181212013.jpg
フラフープを使って・・・人差し指に乗せて動かそう・・・うまくやるには・・・
相手とのタイミングを合わせて・・・
周りの人を良く見て・・・
181212014.jpg 181212015.jpg
 自分ならどのような言動をするか考えよう・・・違う班の意見を聞こう・・・そして、多様な考えに触れよう・・・
 「思いやり」ってなんだろう?・・・いくつかの場面を想定し、自分がどのような言動をとればよいのか。他の人の意見を聞く中で、他者の存在を意識しかかわりの大切さに気づく。相手の立場に立って物事を考える。このような授業は、何よりも、担任教師の明るく優しい雰囲気が、真剣に話し合い理解しようとする空気を作り出していると感じました。日頃の人間関係づくりが垣間見えた授業でした。

≪2年≫
〇主題:「ぼくのニセモノをつくるには」
〇本時のねらい
・他者と比較するのではなく、自己を振り返ることで自己肯定感を高める。
・一人一人には、それぞれの良さがあり、唯一無二の存在であるという自尊心を育てる。
181212016.jpg 181212017.jpg
振り返った自分史を、クラスのみんなと共有してみよう・・・

自分を振り返るのは楽しい・・・

いつも明るい友達に苦手なものがあって、意外だった・・・

友達から自分の印象を聞けて嬉しかった・・・

 好きなこと、嫌いなこと、得意なこと、苦手なこと、人それぞれですが、全て人をつくる大切な要素です。自分を振り返るのは難しくて、辛いこともるかもしれませんが、目を背けず、一人一人が自分自身を好きになれるように頑張りましょうね。
 生徒との年齢が一番近い担任教師、だからこそ、悩みも苦しみも一番の理解者だと感じます。様々な心のひだに寄り添い、共に成長していこうとする担任のまなざしは、生徒が心を開く力になっており、自分を大切にしようと思う気持ちにつながっていると感じた授業でした。

≪研修の様子≫
181212018.jpg

 毎年、2年生で職場体験学習を行っています。3学期に実際に職場で「働く」という体験をしますが、事前学習として、2学期に社会で働いておられる方々からお話を聞きます。
≪目的≫
 地域で働く方々や先輩から、その仕事に就いた動機や働くことの意義・喜び・苦労など、実体験に基づく講話を聞いて、職業観や人生観を学ぶことにより、自分の将来・進路について真剣に考える。今年度は、3名の方に来校いただきました。

JTB 畠山亮平様≫
 人それぞれ働き方は様々。自分にはどういう働き方が合うのかを見極めてほしい。私は、人に感動を与えられる事、喜んでもらえる事がしたいと思い旅行会社に就職をした。この仕事は海外に行けるとか、旅行ができるとか華やかで楽しく見えるが、実際は裏方的な仕事がほとんど。けれど、好きな事をしていれば、嫌な事があってもしんどくても、耐えられると思う。現実と向き合い、決めるのは自分。この仕事がしたいというだけでなく、生きていくため、家族を養うためなど、理由は色々あるでしょう。どこに「一番の価値」を見出すかは自分次第。何を柱として働くかは誰かが判断するものでもない。自分自身だ。もう一つ、自分の常識が世界で通用しない事も知ってほしい。今はグローバル社会。違う意見や考え方を受け入れると、人間の幅が広がる。語学力を身につけると、より広い職業にも就ける。色んな国を訪れたが、憧れのニューヨークに行けた事が一番うれしかった。皆も、様々な国を訪れ、「その国ならではのもの」を感じてほしい。憧れの土地を訪れてほしい。
181018053.jpg 181018054.jpg

≪五條病院看護師 清水彩希様≫
 看護師を目指すきっかけは、皆と同じように中学2年の時、先生から進路について問いかけられた事。「何か人に役に立つ仕事がしたい」と思った事です。病院には様々な人が働いており、それぞれの立場から、患者さんの目指す思いの方向へ対応しています。医師、看護師、検査技師、薬剤師、作業療法士などなど・・・チームとして、医療にかかわっています。
181018055.jpg

≪パナソニック株式会社 有本聡様≫
「自分の今が未来につながる!」
 新製品が届くまで6部門がある。企画・研究開発・製造・物流・販売・アフターサービス、それに加え会社全体をサポートする人がいて成り立っている。私は、研究開発と人材育成という仕事をやってきた。仕事で大切な事は、「チームワークとコミュニケーション」だ。ああでもない、こうでもないと会話していると、新しい発想やアイディアにつながるものだ。
 また、自分の今が未来につながっている。学校の勉強は役に立つのだ。例えば、経理や計算ソフトを使う際には数学が、海外とのやり取りは英語が、企画書や取扱説明書では国語力が、人との接し方や協調性、リーダーシップ、話し方などは部活動や委員会活動が役に立っている。「今、やるべきことは何だろう」という事を考えてほしい。「今日から」「中学卒業まで」「大人になるまで」と言うように・・・コミュニケーションのコツは、人の意見から気づきを大切にすることである。"いいね"と思った事や"もっと聞いてみたい"と感じる心を持とう。
181018056.jpg

★まだまだ伸びると信じる
★気づきを増やす≪幸せと怖さを経し、視野を広げる≫
★悩む事は大切
181018057.jpg 181018058.jpg

 5月20日(日)~21日(月)、国立曽爾青少年自然の家で、野外活動を行いました。活動日程は、1日目は「亀山・後古光山登山」と「キャンドルファイヤー」、2日目は「オリエンテーリング」です。

≪目的≫
●曽爾の大自然に親しみ、自然を大切にする心を養う。
●集団説活を通して、互いに認め合い、助け合う大切さ再認識する。
●役割を積極的に果たすことで、責任感と自主性を身につける。
●約束事や決まり事を護り、規律ある態度を身につける。

1泊2日、どうぞよろしくお願いします!
180530056.jpg 180530057.jpg
≪登山≫
180530058.jpg さあ! 出発・・・
まだまだゆとりがあります

180530059.jpg

 

ちょっと一息休憩です・・・・

「こんな高い所まで登ってきたんだぁ・・・」
180530060.jpg

山に入ってきたぞ・・・
180530061.jpg 180530062.jpg

急な板の階段・・・笹の生い茂った道・・・
だんだん細く、険しく、ぬかるみも出てきます・・・
180530063.jpg  180530064.jpg

少しずつ少しずつ、しんどくなってきました。
でも、励まし合いながら登りました。
180530065.jpg 180530066.jpg

「ロープにつかまって・・・」
「足元をしっかり踏ん張れ!」
「わぁ、崖になってる・・・」
「大丈夫、手を握って・・」 最後のひと踏ん張りです。
180530067.jpg180530068.jpg
 約3時間の登山でした。途中、急斜面もあり、思っていたよりも「厳しい登山」でしたが、最後まで頑張ることができました。
 しんどくても、友達と一緒だからこそ乗り越えることができました。
 励まし合いながら、助け合いながら、全員無事に戻ってきました。


≪キャンドルファイヤー≫
180530069.jpg 180530070.jpg
180530071.jpg 180530072.jpg

キャンドルファイヤー・・・クラスごとにスタンツをしました。なかなか芸達者な班もありました。一つのものを作り上げ、友情や団結力を深める・・・・

何よりも、クラスの素晴らしさが輝いた夜でした・・・
180530073.jpg 180530074.jpg

≪2日目≫

オリエンテーリング
180530075.jpg

 地図とコンパスを使ってポイントを獲得しました!
 迷った箇所もありましたが、班で協力してゴールできました。











素敵な笑顔あれこれ

180530076.jpg 180530077.jpg

皆で頬張るお弁当はおいしい! 楽しい!

 

 2月16日(金)の5、6時間目に、第2学年生徒が、「地域の方々に学ぶ職場体験学習で体験した貴重な内容を発表し合うこと」と「それぞれの事業所の発表を通して、いろいろな職業について学び合う場とすること」を目的として、1月17日(水)~19日(金)の3日間に22事業所で学ばせていただいたことについての職場体験学習発表会を行いました。
 職場体験学習のまとめとしての『働くとは』では、多くのグループが、「関わる」「協力」「人間関係」「助け合い」「人の役に立つ」「人とのつながり」「人のため」などをキーワードとして、それぞれの考えを表していました。人との関わりの大切さを実感することができる職場体験学習となりました。この経験を、将来の進路を考え、決定していく際に生かしてほしいと思います。
 事業所の皆様、保護者の皆様、大変お忙しい中、発表会にご参加いただきありがとうございました。

180308005.jpg 180308006.jpg

180308007.jpg 180308008.jpg

アーカイブ

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31