お知らせの最近のブログ記事

終業式

|

7月19日(金)、1学期終業式が行われました。

≪学校長より≫
 3校区の代表の方とお会いする機会がありました。どの方からも、「東中の生徒はルールを守って生活してくれている」と声をかけていただきました。とても嬉しく思いました。さすが東中だ。夏休みは、地域にかえる期間です。しっかり挨拶をする、マナーを守るという、よい行いを続けてほしいと思います。
 2つ目は、夏休みには総体が行われます。120%の力を出して、精一杯頑張ってほしい。1、2年生は、先輩の頑張りを見ることも大切な事です。
 3つ目、9月には、怪我なく元気な顔を見せてくれることを約束して下さい。190719014.jpg

≪表彰≫ 
陸上部                国語科〈俳句〉
190719015.jpg 190719016.jpg

≪生徒指導主事より≫
〇しっかり目を見て挨拶をしよう。
 目を見て、顔を見て挨拶することで、元気かな等ということが伝わってくる。そういう事が大切なことです。
〇夢を見つけて、実現するように努力をしてほしい。
 報われない努力はあっても、無駄な努力はない。学年通信にも書いてありましたが、 読みましたか? 自分の夢や目標、人に決めてもらうのではなく、自分で決めて、1つ1つクリアしていこう。そんな夏休みにしてほしい。
190719017.jpg

≪壮行会≫
190719018.jpg 各部のキャプテンより意気込みが述べられました。
 校長先生からは、「近畿・全国めざして120%の力を出してほしい。勝ち負けにこだわらず、自分を信じ、力出し切れば、きっと良い思い出になるはずだ。その思い出を持ち帰ってほしい」と励ましの言葉がありました。








190719019.jpg   190719020.jpg
陸上部「完全燃焼だ」      卓球部「今まで取り組んできた事を発揮したい」

190719021.jpg 190719022.jpg
バレー部                柔道部
「負けないという執念を持ち、がんばりたい」  「日本一を目指して、一人一人悔いの
                        ない試合をしたい」

190719023.jpg 190719024.jpg
野球部                  テニス部
「感謝の気持ちを忘れず、        「弱気にならず、全員で頑張りたい」
     1試合1試合頑張りたい」

190719025.jpg 190719026.jpg
サッカー部               吹奏楽部
「1つでも多く勝利をつかみ取りたい」  「今年こそ頑張り、笑顔で終えたい」

 

学年集会

|

 7月18日、1学期最後の学年集会を行いました。学年主任又は、担任より、夏休みの生活について話がありました。
190719011.jpg 190719012.jpg
190719013.jpg
 3年生は、進路を控えた大切な夏休みという事で、学習への取り組み方についても詳しく説明がありました。見て下さい、真剣なまなざし・・・

 平成30年度、中学1年生が喫煙防止学習で製作した「紙芝居」を小学校に寄贈しましたが、本年度1学期、宇智小学校、阿太小学校でその紙芝居を使って、喫煙防止学習を行いました。
190719001.jpg 190719002.jpg
 「学び合う」ことで、学力向上や豊かな人間性を育むというのが小中連携の柱であり、健康教育も同じです。
 生涯にわたり健康の保持増進を図るために、日常の行動に知識を生かして、健康課題の解決ができる力を身につけなければいけません。
 今回、中学校の学びが、小学校の学びになり、互いに成長しあえる関係作りができたことをうれしく思います。
 今後も、そういう関係作りを継続させていきたいと考えております。
190719003.jpg 190719004.jpg

宇智小6年生感想文より
・絵がとてもわかりやすく、なぜタバコがだめなのかわかりました。
・タバコを吸った時の体の影響がわかりました。なので、これからはタバコをやめた方がいいと、誘われたら言いたいです。
・タバコを吸うか吸わないかで、こんなにお金の差があるなんてびっくりしました。
・トマトさんとレタスさんは真反対の性格でおもしろく、タバコとお金のことについて分かりました。後から後悔するなら、吸わない方がいいと思いました。
・私は、違う国のタバコについて全く知らなかったので、とても役にたちました。絵が上手いです。
・世界にはタバコの事でたくさんの工夫などがあって、タバコのポイ捨てを減らすために、とうひょうばこ風にしている物など、少し遊び心があって、おもしろいなぁと思いました。
・世界ではタバコの値段が違ったり、ポイ捨てを禁止するために、工夫していることが分かった。
・紙芝居ありがとうございました。とても、わかりやすかったです。
190719005.jpg 190719006.jpg

阿太小学校の感想文より
190719007.jpg
190719008.jpg
190719009.jpg 190719010.jpg

 給食最終日、1学期最後の「食育放送」です。食育歴史ハンターの校長先生が登場! しっかり聞いて、健康で充実した夏休みを過ごしましょう。
190717019.jpg

≪放送内容≫
 今日は、「五産五消献立」です。肉じゃが、高野豆腐の卵とじ、ワカメときゅうりのツナあえ、おいしくいただきましょう。
 きゅうりの酢の物は「もみうり」と言い、奈良県の郷土料理の1つです。知っていましたか? やわらかくなるまで、きゅうりを塩でよくもむことから、「もみうり」と呼ばれています。口あたりがすっきりした「もみうり」には、ストレスをやわらげる要素があるので、夏の食卓に昔から作られています
 今日は、ツナが入っていますが、焼いたうすげや、田の苗がよくつくように、吸い付く「たこ」にあやかって、「たこ」を入れます。
 また、田植えが無事終わったことをいわった農耕のうこう神事しんじを「さなぶり」といいますが、田植えも一段落するので、つぶし小麦を入れた餅をいて、骨休めをします。この餅は小麦こむぎもちとも早苗饗さなぶりもちとも言われ、昔から食べられてきました。
 みなさん、食べたことはありますか? 小麦ともちごめでついた餅に、きな粉をまぶす・・・小麦のぷちぷち感、香ばしいきなこの香り・・・何個でも食べられるお餅です。

 さて、今日は、食育歴史ハンターの校長先生に登場していただきましょう。

 令和になって初めての登場だな・・・どうだ、しっかり食べているかな? 小麦餅はうまいぞ!みんなも一度食べてみてくれたまえ。そうだ、きなこが大好きだった歴史上の人物がいるが、誰だかわかるかな?徳川最後の将軍だ、そう言えばわかるだろう?!

はい、徳川慶喜ですね・・・・

 そうだ。徳川慶喜だ。まず、きな粉は、栄養価は満点だ。たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル、そしてイソフラボン。栄養抜群の食べ物だ。それにホルモンバランスを整えるのにも最適だ・・・そんな、すごい「きなこ」・・・大好きだったのに、あることをきっかけに、きなこが食べられなくなってしまったそうだ。
 そのきっかけとは......そのきっかけは・・・なんと「顕微鏡」。

 えっ、顕微鏡?! なんで、顕微鏡が原因なんですか? 顕微鏡のせいで、きなこが食べられなくなったのですか?

 では手短に話そう・・・慶喜は、将軍職を退いてからは、たくさんの趣味を楽しみながら暮らしていたんだ。写真撮影に油絵、これは有名だぞ。他に、弓道、釣り、将棋......たくさんの趣味を持っていて、どれも腕前はなかなかのもの、専門家顔負けだったそうだ。その趣味のひとつに、最新の機械である「顕微鏡」でモノを調べるという趣味もあったんだ。
 感のいい人は、想像できるかな・・・
 ある日、慶喜は、大好きな「きなこ」を顕微鏡で見ていた。いったいどんなものが映るのだろう・・・ワクワクしてのぞいてみると・・・
 「なんじゃこりゃ!」「なんじゃこりゃ!」 慶喜は絶句した!!
「き・き・き・きなこの中に・・・虫、虫が虫がいる!!虫がいるぞ・・・」
 どうやら保存状態の悪いきなこだったようで、中にはたくさんの虫が映っていたのです。

 顕微鏡でのぞいたために、小さな虫がはっきりと見えたんだな。好奇心(こうきしん)(あだ)となってしまったっちゅうことだ。それ以来、大好物のきな粉が食べられなくなったという訳だ。

 1学期も来週で終わるぞ。夏休みが始まるが、慶喜の好奇心旺盛で、新しいもの好きで、何事にも一生懸命に取り組むことを、みんなも学んでほしいと思うよ。
 夏休みこそ、普段できないこと、例えば、ゆっくり本を読んだり、身体を鍛えたり、家の手伝いをしたり、おお・・・料理をすることもいいぞ・・・色んなことに挑戦して、計画的に過ごしてほしい。体を鍛えるように、心も頭も自分自身で鍛えてほしい・・・

 雨などで、延期になっていたボランティア活動を、給食最終日の7月12日(金)に行いました。歩道橋の清掃と花壇の整備です。
 生徒会執行部と環境保健委員会の指揮のもと、多くの有志の人たちが協力してくれました。
190717011.jpg

190717012.jpg 190717013.jpg
 花壇も少し華やぎました。花のある学校、きれいに掃除された学校、気持ちも落ち着き、学習にもスポーツにも集中して取り組むことができます。
190717014.jpg  190717015.jpg
190717016.jpg 歩道橋の草を引いたり、汚れをブラシで取り除いたり、雑巾で拭きとったりしました。午後から、日差しがきつくなり気温も上昇してきた中、一生懸命に行い、皆汗だくになりました。
 日頃、私たちを見守って下さっている地域の方々・・地域の方も利用する歩道橋がきれいになり、嬉しいです。

 7月4日(木)、社会科の研究授業が行われました。単元は、「世界からみた日本の姿 資源・エネルギーと産業からみた日本」です。本時は、「日本の産業の現状と変化 ~第1次産業から第3次産業まで~」という内容でした。
 今日、授業では、ICT機器は切り離せないものとなっています。情報や資料の読み取りの場面等に際して、視覚的・聴覚的に学習をすることができ、生徒たちは生き生きと学習に参加できている様に感じます。
190717005.jpg

7月5日(金)
 国語科の授業の一環で、新聞社の出前授業を行いました。当日の新聞記事を見ながら、記事について説明を受けたり、記者の仕事について聞いたりしました。
 普段、新聞を読んでいる生徒はどのくらいいるのでしょうか。新聞離れ、紙離れという言葉を耳にする昨今ですが、熱心に聞き、食い入るように、新聞に目を通している姿が印象的でした。
190717006.jpg 190717007.jpg

7月9日(火)には、「ももたろう」を教材として、「見出しは究極の要約文だ!」ということを学習しました。
190717008.jpg 190717010.jpg
単元の目標
〈知識及び技能〉
・本文と見出し分の関係やつながりについて理解することができる。
〈思考力・判断力・表現力等〉
・語句や表現の持つ効果を考えながら、考えの中心が伝わる見出し文を書くことができる。
・記事が書かれた目的や立場などを理解することができる。
〈学びに向かう力、人間力等〉
・新聞が社会的にどのような役割を果たしているのかについて学ぼうとしている。
190717009.jpg


 毎日、当たり前のように読んでいる新聞ですが、興味を引き付ける見出しや印象に残る言葉で、読む側の姿勢や感情は、ずいぶん違ってくるように思えます。誇張や歪曲はいけないけれど、訴えたいことや読んでもらいたいことを伝えるためには、見出しを工夫することが大事だと感じました。新聞の魅力や読み方を学ぶことで、知的好奇心を揺さぶりたいということが伝わる授業でした。

 6月28日(金)、期末テスト最終日の午後から、畿央大学の辰己智則先生に来校いただき、「実力を育む心・発揮するための心」と題して、自己コントロールなどについてお話を聞きました。
190717001.jpg
 先生はスポーツ心理学が専門ですが、自身はバトミントンの選手として活躍していたという経歴もあります。学習やスポーツにおいて、どうしたら落ち着いて実力がだせるのか、ということについて研究され、そのことについてお話していただきました。
 テスト後ということもあり、少し疲れ気味ではありましたが、真剣に聞いていました。

≪学習内容≫
 人が選ぶ目標には、「成績目標と学習目標」の2つに分けられる。
190717002.jpg 190717003.jpg
成績目標:能力重視や外部から高い評価を得る事を目標とする。
成績目標の人の行動パターンは・・・
・自分の力に自信があり、それを誇らしげに示すことができると考える場合には、課題に積極的に取り組む
・自分の力に自信がない場合は、課題への取り組みを避け、能力の低さを隠そうとする。
・失敗は自分の能力が低いことを周りに示すことを意味するので、確実に成功できるやさしい課題か、失敗しても能力の低さを意味しないきわめて難しい課題が選ばれる。
・いざという場面でプレッシャーを感じやすく、エラーやミスを恐れ、挑戦の機会を失いがち。

学習目標:練習や努力を重視し、知識や技能を高める事を目標とする。
学習目標の人の行動パターンは・・・
・いつも新しい知識や技を得ることに関心があることから、練習・勉強の仕方や自分の進歩など、プレーに直接関わることに集中できる。
・自分の力に自信がある、ないに関係なく、自分の知識や技を最大限に高めることができる最適で挑戦的な課題を選ぶ。
・努力をし、進歩したこと自体が満足感を高める。失敗は、努力不足や練習・勉強の仕方や取組方が良くなかったことを示す手がかりになるものであり、新たな練習・勉強の方法を用いた挑戦に向かわせるものとなる。
・失敗は成功のもと! あらゆる場や経験が学び!

イチローが見失わないものは、内発的好奇心である。
 彼のような志の持ち方を常にできている者は、好調、不調を問わず、心理的プレッシャーや脅威を感じる、感じないに関係なく、集中力を保ち、肩の力を抜いたプレーを発揮することができる。だから、結果もついてくる。
〇将来叶えたい夢だけでなく、現実的な目標をたてること。
〇結果目標だけでなく、行動目標をたて、特に、行動目標を重視すること。
〇具体的な目標、挑戦的な目標をたてること。
〇長期目標と、それに至る中間・短期目標をたてること。
〇達成度が確認しやすい目標をたてること。
〇集団目標と個人の目標をたてること。

教頭先生より
190717004.jpg
 今日の講演は、「考える」という機会になり、大変良かったのではないか。また、自分を見つめ直す、あるいは振り返る時間になったのではないかと思います。
 志・目標がなければ成長が止まるということを心に留め生活していきましょう。
 トヨタという自動車の会社ですが、経営の柱は「改善」と聞きます。「知恵と改善」「人間性尊重」が2本柱だそうです。わかりやすく言うと、無限の可能性をもっている人間の力を最大限に活かすには、知恵を絞って現状を常によりよい方向に改善しようということだそうです。皆さんも、それぞれ目標があるはずです。改善し、目標を達成すべく頑張ってほしいと思います。

食育月間

|

 毎年6月は「食育月間」です。本校でも、給食の時間、食育放送を行っていますが、今月は、沖縄修学旅行「食レポ」を中心として、郷土食について考えようというテーマで、放送を行いました。

6月12日(水)
190620001.jpg

今日の献立は、ご飯、肉じゃが、鮭の塩焼き、白菜のごま和え、牛乳です。今日と明日の献立は、五産五消献立となっており、五條で生産された野菜や豚肉、卵を使っています。味わっていただきましょう。
 先月の放送で、「修学旅行の食レポ」を予告しましたね。さーあ、お待ちかね、今日は、「沖縄料理」を紹介しましょう。
 修学旅行1日目は、ひめゆり会館で沖縄郷土料理を食べました。何と言っても、人気NO1だったのが、「沖縄そば」です。
では、「沖縄そば」食レポスタート!

 奈良県では食べられない、沖縄県独特のそばです。一口"ちゅるっ"と食べればくせになり、とめられないくらいのおいしさ! 麺が太くて、ちぢれていて、歯ごたえがあり、出汁だしがきいています。ラーメンというより、うどんのスープのような・・・透明な出汁です。麺がつるつるしていて、のど越しがよくて、それに、麺とスープがうまーい具合に絡み合ってる。何杯でもいけるぞ!って感じです。豚肉と紅しょうがが入っていますが、うーん、これがまた、相性抜群!なんだ。皆さん、想像できましたか? 
 次に、ジューシーという、炊き込みごはんもおいしかった。ジューシーの特徴は、豚肉のゆで汁と昆布こんぶ出汁だし、そして、ひじきやにんじんなどの野菜を一緒に炊き込むことって聞いたよ。
 そうそう、紅イモフライもあったなぁ・・・最初は、何じゃこれは! ごま団子?! って思ったけれど、食べてみると、何とおいしい! 紅イモの甘みとゴマがマッチして最高だった。

 夕食は、ホテルでのバイキングでした。人気ベスト3は・・・じゃーん、「グルクンのから揚げ」「ラフティー」「シークァーサージュース」です。
では、食レポスタート!

 グルクンは、鯛に近い白身魚で、クセがなく、淡泊な味で、とってもおいしかった。あっさりして食べやすいから、おかわりして、ご飯がすすむすすむ・・・酢づけのサラダと一緒に食べると、もっとうまい! 野菜の食感と、白身のやわらかい食感が口の中で手を取り合ってダンスをしているようだった! 
 次に、ラフティーで。ラフティーは豚の角煮だ。甘辛い味で、とろっとろ・・・肉厚のチャーシューを食べているようで、うまい! だし汁や泡盛あわもり、黒砂糖などで味付けしてあるらしいから、その味がしみて、最高だ。箸で切れるほどトロリと肉を柔らかいぞ。見た目も照りがアメ色だ。
 フルーツやパイナップルもあったけど、シークァーサージュースが実に良かった。さっぱりした味で、レモンの感覚に似ており、疲れた後に飲むと実においしい! 最近疲れたなぁ・・・なんて感じている生徒の皆さん、一度シークァーサージュースを飲んでみて。スッキリするぞ。
 
 そうそう、こんな意見もあったぞ。「冬瓜とうがんと豚バラ肉の煮物」、これがおいしかった!と言っていた人もいたよ。冬瓜は、沖縄の方言で、「シブイ」と呼ぶそうだ。豚肉と相性が抜群。とろっとやわらかい、冬瓜の食感に、やさしい味。口の中で舌が、羽毛うもう布団ふとんに包まれたようだ。

うーん、最高にうまい!

 どうでしたか? 沖縄食レポ、想像できたでしょうか? 

 そうそう、ここで、少しだけ、解説しておきましょう。琉球りゅうきゅう料理と沖縄料理は違うのです。「琉球料理」は、沖縄独自の材料や調理法を使って、歴史的に受け継がれてきた料理のことです。一方、「沖縄料理」は、タコライスやポーク玉子など、戦後、アメリカの影響を受けて作られるようになった料理のことです。

第2弾は、この沖縄料理を中心に、レポートしましょう。楽しみに・・・

 今日は、沖縄の料理に触れましたが、その土地に伝わり、食べられてきた料理を郷土料理と言いますね。私たちが住む、五條市や奈良県にも、郷土料理があります。その地方独特の食文化や生活習慣を知り、伝えていくことも、私たちが今、生きていく上で大切な事です。6月は、食育月間です。食べることを通して、ふるさとを考えたり、仲間づくりを考えたりする時間にしていきましょう。

6月18日(火)
190620002.jpg
 今日、明日の給食は、奈良県や五條市の食材を用いてメニューになっています。かやくうどんには、よしのくずが入っています。葛粉くずこ粒子りゅうしは小さく、繊細せんさいなめらかな食感が特徴です。コシ、粘り、透明感にもすぐれ、夏の和菓子や日本料理等、様々な食材に使われています。
 また、体内に吸収されやすく、体を温めいやす効果があるので、風邪など、体調を崩した時にも重宝ちょうほうされます。
 1年生の人は校外学習で、万葉文化館に行きましたね。万葉集について学んだと思いますが、この、葛の花、美しさが昔から多くの人々に愛され、和歌に詠まれてきました。私たちが住む五條市阿太でも、読まれています。阿太小学校出身の人なら知っていますよね・・・

「 ()葛原(くずはら) (なび)く秋風吹くごとに 阿太の大野の 萩の花散る 」

広大な秋の野一面に生い茂る葛と萩。 秋風が吹くたびになびく葛の葉はまるで白波が立っているようです。そして、波に流されてゆくように ほろほろと散る萩の花。と読んでいます。

1年生の人は、思い出しましたか? 

 今日のメニューは、他に、米粉パン、奈良県産キャベツのミンチカツ、ほうれん草とベーコンのソテー、牛乳です。
 さて、先週に続き、沖縄食レポです。今回は、タコラススです。

 2日目は、民泊をしました。一番人気は、タコライスでした。タコライスと言っても、タコが入っているわけではありませんぞ!
 何が入っているかって・・・トマト、チーズ、レタス、ひき肉、ごはんです。ソースをかけて、それを混ぜ合わせて、食べます。ソースは、少しからめ、「ピリ辛っ」ちゅう感じやな・・・口の中で、ひき肉のうまみと、野菜のシャキシャキ感で"たまらーん"って言うような美味しさ。
 次に人気だったのが、サーターアンダギー。私たちも一緒に作りましたよ。作りたてがアツアツで、最高やった。ドーナツみたいなものやと想像してほしい。外側はクッキーよりちょっと柔らかい食感、中はホットケーキの様に温かく優しい味・・・食べごたえがあって満足満足。どの家庭でも、誰でも作れるので、ぜひ挑戦して作ってみて下さい。沖縄ではサーターアンダギーは、お祝い菓子として使われるそうです。
 そうそう、「もずくの天ぷら」もおいしかった。外はさくさくしていて、中はもちもちだ。これぞ沖縄の味!って感じだ。海ぶどうも食べたぞ。プチプチしていて、ポン酢をかけたら、実にうまかった! ゴーヤも食べたけど、ちょっとにがかったなぁ・・・
 そうだ。沖縄の料理や食べ物について、民宿の人に教えてもらったから、みんなにも伝えておくよ。

 沖縄では、豚肉と並んで消費量1位が昆布こんぶだ。沖縄の水は、硬水なので、昆布などでダシをとりにくいらしい。だから、炒めて食べることが多いと言っていた。沖縄の方言で「昆布はクーブ、炒め物はイリチー」と言うらしい。昆布の炒め物・クーブイリチーは沖縄の郷土料理って言う訳だ。何を入れるか家庭によって違うらしいが、私たちがお世話になった民宿では、特に、豚肉と昆布、切り干し大根と炒めることが多いと言っていたよ。ミネラルが多くて、栄養バランスがいいから、たくさん食べてほしいと言っていた。他にも、ニンジンの炒め物、ニンジンシリシリも食べたよ。
 
 2回にわたって紹介した、沖縄食レポはどうでしたか? 琉球料理と沖縄料理、堪能たんのうしてくれたでしょうか? これ以外にも、もっと食文化があります。今度は、みなさんも実際に沖縄に行き、自分の舌で味わい、身体で感じ、会話をして教えてもらってください。

 明日の献立は、ジビエカレー、春雨サラダです。五條市で加工されたジビエの肉を使ったカレーです。私たちが住む五條市や奈良県にも、たくさんの食文化があります。柿の葉寿司や飛鳥鍋は、みんながよく知っているものですね。地元でとれる食材は何だろう、どんな料理がふるさとの味なんだろうと考えてみてください。「季節を感じながら、楽しく作って食べる」中学生の私たちもそれをすることで、伝統を受け継いでいく事になります。ふるさとの味を食べて、身体も心も、大きくなりましょう。
 また、これから暑い季節がやってきます。しっかり食べて元気に夏を過ごしましょう。

 

6月3日(月)、全校集会が行われました。
190610023.jpg

〈校長より〉
 4月、5月と大きな行事がありましたが、よく頑張っている。しかし、もう少し、『ピリッ』と出来るのではないかと思っている。学校生活では、ピリッとしたところが必要で、そういう、引き締まる気持ちが、自ら考え行動するという事につながるのです。
 また、6月は、「水無月」と言って、水のない月と書きますが、無しというのは、水がないのではなく、「水の月」という意味です。米を作る人にとって欠かせない水。梅雨の季節にもなりますが、体調管理をしっかりして、元気に過ごしましょう。
190610024.jpg

〈人権推進教員より〉
 「挨拶」、元気な声でやってきれていると思う。これからも、「誰に対しても」挨拶をする気持ちを持ち、実行してほしい。
 4月、5月と2ヶ月過ぎましたが、自分自身を一度振り返ってみよう。できたことだけではなく、「できなかったことに対しても向き合う」という事が大切なことだと思う。行動したこと→振り返り→次の目標がわかる。向き合うことで、次に何をするのかが、わかってくると思います。
 自分を認め、他人を認める、そういう姿勢から友達もでき、仲間にもなれるのだと思います。



〈表彰伝達〉
190610025.jpg 190610026.jpg
バレー部:市民球技大会        卓球部:五條内吉野大会
190610027.jpg
柔道部:県選手権大会  マルちゃん杯

〈教育実習生紹介〉
 本校の卒業生2名が、3週間、母校に教育実習に来ました。教科は、保健体育と国語です。
懐かしさと、緊張が入り混じっていると思いますが、がんばってほしいと思います。
 さわやかな笑顔と、元気な声で、後輩を指導してくれる事を期待します。

避難訓練

|

 中間テスト終了日の5月31日(金)、地震が発生したという想定で避難訓練が実施されました。出口の確保、安否確認、被害状況、けが人等を把握した後、安全に避難を開始しました。
190610017.jpg 190610018.jpg
頭を守る・机は対角につかむ
〈お〉押さない、〈は〉走らない、〈し〉しゃべらない、〈も〉戻らない!
190610019.jpg 190610020.jpg

〈消防署より指導〉
 君たちが早く整列しなければいけないのは、先生たちが、人員(人数・けが人)をすばやく確認し、消防や警察などに早く伝えるためです。
 自分の身は自分で守るという意識を強く持って、行動してほしい。「一瞬の判断が生死を分けるんだ」という事を頭に入れて、常に危機感を持つという事が大切です。
190610021.jpg 190610022.jpg

〈学校長より〉
 初めての訓練としては、大変良かった。しかし、「訓練」という意識があったせいか、危機感がなさすぎるという事も言えた。なぜ訓練をするのか、なぜ危機感を持つ事が大切か考えよう。

 

アーカイブ

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31